2019年4月8日月曜日

山崎まゆみさんとのトークショー

先日行われましたTCAT主催「毎日が旅行博」トークショー
温泉エッセイスト 山崎まゆみさんとの楽しいひととき。
当日は温泉や旅の話しにとどまらず、あっという間の1時間でした。
お越しいただきましたお客様に緊張を解いて頂き、話しはどんどん進みます。


当ブログやフェイスブックなどを通じてお知らせをさせて頂きました。
峩々温泉のお得意様のおかげで盛況に終わることができました。
誠にありがとうございました。


つい先日ご来館頂きましたお得意様や、数年ぶりにお顔を拝見させて頂く方も。
差し入れや花束などを賜り、本当に恐縮です。ありがとうございました。


話題は山崎さんと共に汗をかいた東日本大震災ボランティアにもおよびました。
あの日を堺に価値観が180度かわり、宿の運営にも舵取りが必要になりました。
観光や余暇の過ごし方が様変わりしても、温泉のもつ圧倒的な存在は普遍的なのだと締めくくりました。


本日もいい勉強をさせて頂きました。TCATの皆様方にはこのような機会を与えて下さり、心から感謝を申し上げます。
これからも旅館を離れ、沢山の方々に温泉のお話しをさせて頂きたいと考えております。



恋に効く パワースポット温泉
山崎 まゆみ
文藝春秋
売り上げランキング: 770,051

2019年3月28日木曜日

【ご案内】山崎まゆみさんとのトークショー


温泉エッセイスト 山崎まゆみさんとトークショーを開催いたします。
場所は東京エアシティターミナル 2階(通称:TCAT)毎日が旅行博の特設ステージ 。
二人でトークショーができるなんて光栄です。
世界を旅する山崎まゆみさんと温泉のみならず、様々なテーマでお話しをさせて頂きたいと考えております。
小さい会場なので、客席の皆様とも会話のキャッチボールができれば幸いです。
ぜひ会場ではお声がけを頂きたいと考えております。
よろしくお願い申し上げます。

3月30日() 13:30〜14:30

山崎まゆみさんについて、過去のブログ記事をひもといてみました。
雑誌の取材のみならず東日本大震災の時はともにボランティアをしたり、ラジオに出演させて頂いたりと親しくお付き合いをさせて頂いております。
ご縁を頂きトークショー開催の運びとなりました。


当日はお誘い合わせの上、ぜひご来場を頂ければと思っております。
お待ちしております。



【山崎まゆみ 著書の一部】
続・バリアフリー温泉で家族旅行
山崎 まゆみ
昭文社
売り上げランキング: 210,737
白菊-shiragiku-: 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花
山崎 まゆみ
小学館
売り上げランキング: 448,770

2019年2月22日金曜日

テルマエJAPAN2019 セミナー「永続経営」

本日が最終日となるテルマエJAPANに、昨日セミナー講師として参加させて頂きました。
ご参加された方々におかれましては、お忙しいところお運びを賜り心から感謝を申し上げます。


国際ホテル・レストランショーも数年ぶりに伺いましたが、その時とは比べもにならないほどスケールアップしてましたね。
雰囲気に圧倒されて、少々緊張気味です。


光明理化学工業株式会社のブース(左)
実際に警察が飲酒運転の検査に使用しているアルコールチェッカーを作っている会社。
また、一酸化炭素濃度や臭いの数値化に成功し厨房内での環境美化に役立つ製品を作り続けている。大気の汚染は目に見えないので、こういった製品によって我々の生活が改善し保たれているのだと改めて考えさせられる。


大手厨房機器メーカーのブースはやっぱり派手ですね。
新商品が盛りだくさんで、短時間では見学しきれないです。
傾向として、一般的な飲食店で使用する機器以外にも病院や介護施設等特殊な環境で使用する保温・保冷カートなどの需要が高まっているようです。
食中毒などの発生が万が一にも起こすことのできない医療現場でも、最先端の技術革新が行われている。


目立っていたのは、製麺・コーヒー・ロースター(肉や魚を焼く)ですね。
各社面白い商品をリリースしています。
講演が終わってすぐに帰ってきてしまったのですが、本当はあと1日ゆっくり会場を見学する時間が欲しかったですね。
日進月歩と言いますが、飲食業界も人手不足と反比例して高効率・高品質・ローコストな機器がどんどん商品化しています。
人の手が掛からずともある一定の品質を保てるように進化しています。
そんな中でこれからこの業界はどんな進化を遂げるのでしょう。
楽しみでもありますが、どこか不安な気持ちもありますね。


第三講座を担当させて頂きました。
人前でお話しをするのが久しぶりでしたので、少々戸惑いながらスタート。
日帰り温浴施設・旅館・飲食店・メディア・設備業者と来場者の業種が多岐に及ぶため話をまとめるのが難しかったですね。


話のテーマは「永続経営」。事業継承をするためにどんな事をしなければならないか。
父から受け継いだ旅館の運営について、七転び八起きしてまいりました私の経験談をお話しさせて頂きました。
国際コンクールで金賞を受賞して華々しく輝くとき、震災や建物の崩壊など悪夢を見たとき、資金繰りで駆け回り突破口を見出したとき、まだ十数年の経営者人生の中で目まぐるしく変わる環境。その中で小さな成功体験を磨き、拡大鏡で自らの自信につなげていく作業を繰り返してきました。それらが人の評価となり信頼を勝ち取ってきました。
喜怒哀楽の中で、あることに気がつく。
全てが必要・必然であるのだと。
この七転び八起きには全てに意味がある。無用なものはひとつもないのだと。


数年後に自らが作り上げてきた経営資源がいつしか後継者にとって「負の遺産」になるのではないかと思ったことはありませんか?
そう問いかけました。
業界の発展、地域貢献が我が子を育てることにつながっていること。
それらをがんばった分、人が息子を育ててくれる。そう信じて業界や地域の人材とならなければならない。
今だけ、お金だけ、自分だけという考え方そのものが、いつしか我が子を苦しめるのです。そういった価値観を捨てて邁進することが最後には永続企業を作り上げるのだと考えます。
プロモーション、ビジョン、コミュニケーション。
20年先を見据えた取り組みが必要です。

最後にこうお伝えしました。
峩々温泉で暮らすことそのものが自らの人生で有ることに全力を尽くします。
仕事と私生活の一体化。
現場で子供を育て、旅人と自然環境と家族に支えられて生きていくことが「永続経営」の原点なのだと。

2019年2月18日月曜日

国際ホテル・レストランショー テルマエJAPAN 講演

国際ホテル・レストランショーの中でも特に温浴施設の開発・運営に特化したセミナーテルマエJAPAN2019に講師として招かれました。
当日は温泉旅館における永続的な経営についてお話しをさせて頂く予定です。
祖父母や父から受け継いだ六代目の覚悟、失敗談、チャレンジ、永続企業のコツなどをざっくばらんにお話しさせて頂こうと思っております。
お時間のある方、また同業者の方々などぜひ足を運んで下さい。
よろしくお願い申し上げます。

◆ 東京ビッグサイト 東展示棟 東5ホール特設会場
◆ 2019年2月21日(木)13:00〜13:45
◆ 定員40名


入場口は大変込み合いますので、事前に招待状をダウンロードするのがおすすめです。
当日ですと有料になりますので、ぜひご来場の際は事前に申込みフォームにご入力頂きますことをお願い申し上げます。

※ご来場のご案内



2019年2月7日木曜日

東北湯けむり紀行 KHB東日本放送 2/8放映

2019年2月8日(金)
午後6時15分〜
KHB 東日本放送(テレビ朝日系列)
スーパーJチャンネル宮城
東北湯けむり紀行
※東北6県の放送は日時が異なる場合はあります。
※番組内での詳細な放送時間は未定ですので、あらかじめご了承下さいませ。

2019年1月19日土曜日

第44回 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 選考審査員特別賞 受賞

旅行新聞新社が主催するプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選
日本の小宿10選 選考審査員特別賞を頂きました。
全国の各旅行会社の投票を基に、出版社など旅行を取り扱うプロたちが選考するものです。
旅行業界の発展のために44年前から開催されているものです。
100選に選ばれている旅館は、ほとんどが大型旅館ばかりで全国でも有名な宿ばかりです。そんな中で当館のような客室数が20部屋前後の小さな宿も特別賞として選ばれました。
とてもありがたいことです。感謝を申し上げます。


金屏風の前に立つことなんてありませんから、かなり緊張しました。
でも、たまにはこういう場も良いものです。普段はお付き合いの無いような旅館や業界関係者の方々にもお話を伺える機会はそうありませんから。
会場には400人ほどの方々が全国から集まり、新年のご挨拶などを交わし和気あいあいとした雰囲気がありました。


懇親会ではとても華やかな料理が並び、会話も弾みます。
2時間のパーティーでしたが、話に夢中で何も食べられなかったのが残念。
業界の方々が幅広く出席されてましたので、中には懐かしい顔ぶれもちらほら。
思い出話や、今後の業界の事やオリンピックイヤーについての話題で盛り上がりました。


ホテル・旅館の他に観光バスの優秀ドライバー・ガイドの表彰もありました。
部門別にも「料理」「おもてなし」「施設」など多岐にわたり、とても勉強になりました。
なれない場ではありましたが、とても刺激になり、東京で良い時間を過ごしてきました。

2019年1月12日土曜日

CREA 2019 2・3月合併号掲載

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年は公私共に色々な事があり、日々の業務や子育てにバタバタと過ぎ去ったような気がしております。
混沌とした時代の中で、いかにして私達はこの蔵王に山の中で暮らして行けば良いのだろう。旅館という生業を脈々と後世につなげていく事。問題が山積する中で、そんな不安とそれを乗り越えるだけの家族やスタッフ、仲間達を大切にしよう。同じ志を温め合えるような人間関係を築いていきたいと年頭に思う次第です。
小さな成功体験、小さな喜び、優しさを分かち合う心。それらをすべて訪れるお客様達と共有していきたい。そう思っています。




先日発売のCREAに掲載されました。
特集の「ひとり温泉、ひとり宿」
おひとり様でのご利用は昔から多かった当館ですが、記事の中にはなるほど!と思うような内容が沢山ありました。
誰しも自分の定宿があったら良いな。温泉や旅文化から色々な事を学びたい。そう思うのはとても自然な事であると考えます。
「旅」は人間を成長させる最も大きなファクターだと思います。
名も知らぬ場所で知らない人に出会い、人間は詩人になる。写真を撮るでもなく、酒を飲むでもなく、郷土料理を食べるでもなく過ごすことであっても、人は旅に出る。なぜなのでしょう?本誌はそんな事を考えさせられる素晴らしい内容でした。
パラパラとガイドブック的な読み方ではなく、しっかりと文章を繰り返し味わい、自らの旅に関する価値観と照らし合わせてみるのも楽しみ方なのではないでしょうか。



CREA 2019年2月・3月合併号[雑誌]
文藝春秋 (2019-01-07)