2019年1月19日土曜日

第44回 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 選考審査員特別賞 受賞

旅行新聞新社が主催するプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選
日本の小宿10選 選考審査員特別賞を頂きました。
全国の各旅行会社の投票を基に、出版社など旅行を取り扱うプロたちが選考するものです。
旅行業界の発展のために44年前から開催されているものです。
100選に選ばれている旅館は、ほとんどが大型旅館ばかりで全国でも有名な宿ばかりです。そんな中で当館のような客室数が20部屋前後の小さな宿も特別賞として選ばれました。
とてもありがたいことです。感謝を申し上げます。


金屏風の前に立つことなんてありませんから、かなり緊張しました。
でも、たまにはこういう場も良いものです。普段はお付き合いの無いような旅館や業界関係者の方々にもお話を伺える機会はそうありませんから。
会場には400人ほどの方々が全国から集まり、新年のご挨拶などを交わし和気あいあいとした雰囲気がありました。


懇親会ではとても華やかな料理が並び、会話も弾みます。
2時間のパーティーでしたが、話に夢中で何も食べられなかったのが残念。
業界の方々が幅広く出席されてましたので、中には懐かしい顔ぶれもちらほら。
思い出話や、今後の業界の事やオリンピックイヤーについての話題で盛り上がりました。


ホテル・旅館の他に観光バスの優秀ドライバー・ガイドの表彰もありました。
部門別にも「料理」「おもてなし」「施設」など多岐にわたり、とても勉強になりました。
なれない場ではありましたが、とても刺激になり、東京で良い時間を過ごしてきました。

2019年1月12日土曜日

CREA 2019 2・3月合併号掲載

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年は公私共に色々な事があり、日々の業務や子育てにバタバタと過ぎ去ったような気がしております。
混沌とした時代の中で、いかにして私達はこの蔵王に山の中で暮らして行けば良いのだろう。旅館という生業を脈々と後世につなげていく事。問題が山積する中で、そんな不安とそれを乗り越えるだけの家族やスタッフ、仲間達を大切にしよう。同じ志を温め合えるような人間関係を築いていきたいと年頭に思う次第です。
小さな成功体験、小さな喜び、優しさを分かち合う心。それらをすべて訪れるお客様達と共有していきたい。そう思っています。




先日発売のCREAに掲載されました。
特集の「ひとり温泉、ひとり宿」
おひとり様でのご利用は昔から多かった当館ですが、記事の中にはなるほど!と思うような内容が沢山ありました。
誰しも自分の定宿があったら良いな。温泉や旅文化から色々な事を学びたい。そう思うのはとても自然な事であると考えます。
「旅」は人間を成長させる最も大きなファクターだと思います。
名も知らぬ場所で知らない人に出会い、人間は詩人になる。写真を撮るでもなく、酒を飲むでもなく、郷土料理を食べるでもなく過ごすことであっても、人は旅に出る。なぜなのでしょう?本誌はそんな事を考えさせられる素晴らしい内容でした。
パラパラとガイドブック的な読み方ではなく、しっかりと文章を繰り返し味わい、自らの旅に関する価値観と照らし合わせてみるのも楽しみ方なのではないでしょうか。



CREA 2019年2月・3月合併号[雑誌]
文藝春秋 (2019-01-07)

2018年2月2日金曜日

オール読物 2018年2月号掲載

今月発売のオール読物に掲載されました。
温泉エッセイスト 山崎まゆみさんの連載「二泊三日の温泉三昧」で紹介。
館内での過ごし方や、湯治のスケジュールなどが細かく書かれております。

オール讀物 2018年 2月号
オール讀物 2018年 2月号
posted with amazlet at 18.02.02

文藝春秋 (2018-01-22)

NHK仙台放送局新社屋での8K試験放送

【8K番組「蔵王~四季彩巡りて~」語り:鈴木京香】

以前放送されたNHK「小さな旅」のダイジェスト版、また8K番組の試験放送を行います。 

23日(土)13:30~13:59(旧仙台局にて)
2月4日(日)13:30~13:59(新仙台局オープン)
25日(月)11:30~11:59
27日(水)11:30~11:59
28日(木)11:30~11:59
3日(土)・4日(日)は10:30~10:59は「小さな旅 山の歌 夏 命躍る峰々~蔵王山~」も放送します)

以上の日程は、仙台放送局以外の全国のNHK放送局で見ることができる試験放送です。
新仙台局では、オープンする24日以降、280インチの大モニターで試験放送を見る事ができます。
無料・予約不要。



アクセスやその他の詳細な情報が公式ホームページをご覧くださいませ。

2018年1月28日日曜日

職業を選択するという自由

自分自身、本当に人に恵まれて育ってきたと思う。
この環境で生きていく上で、まさに適した人に出会い人間形成されてきたのだとつくづく思う。
旅館を営みながら自由に生活していると思う。
自由には必ず規律がともなう。
自由だから何をやってもいいというものではなく、自らが科したルールを厳守することが最も自分らしく生きていく思考の源となる。
家業を継承する上で最初に疑問視するもの。
それは職業を選択する自由を奪われる理不尽さなのかもしれない。
使命感や責任感などというものを押し付けられて育てられたのでは、決してその疑問符を自らの考えで解決できるものではない。
「将来の夢」として子供は自由な発想で答えるが、それはまだこの概念が無いから「飛行機のパイロット」とか「仮面ライダー」とか「警察官」と答えるのだと思う。
この答えは「夢=職業」なのである。
職業は夢ではない。その職業につき、どのように生きていくかが最も大事なのである。
子供との対話の中で、将来像がどのようになっているかが大切なのだと思う。
パイロットになり、仮面ライダーになり、警察官になりどんな生活をしていきたかが本当の「将来の夢」なのだと思う。
自由という概念や、自らがもつ規律に早く気付き、育むことが教育の根本のような気がします。
私が人に恵まれたと思うのは、様々なターニングポイントにおいて重要な人達に気付かせてもらえてからなのかもしれません。
ではその気付きの場はどうもたらされたか。
親の責任は大きいと思います。
「感謝」「畏れ」「優しさ」「厳しさ」「忍耐」「自立」「共感」など親が子に思う「立派な人間になってほしい」という考えは様々。
そういったファクターが沢山ある親が、子に人に恵まれるための最初のレールをしくのだと思います。
親が敷いたレールの上を歩いて来ました。よく聞くフレーズですが、テレビドラマの主人公が警察官僚の御曹司や大物政治家の息子役で、劇中30歳くらいで初めて大きな失敗をして吐くセリフです。
罪を犯してしまった息子を見た親は「育て方を間違ってしまった」と言って、秘書にその罪をなすりつけるストーリーはありふれています。
親もレールを敷き続けてきたわけですから、苦労も多かったことでしょう。
しかしながらそのレールは自らの地位や利益を最優先にしてきたから、間違いが起きたのだと思います。
どこかで気が付かなければならなかったのだと思います。
最初に敷いたレールを子供と一緒に見据えて、これで行こうと夢を共有しなければならなかったのだと思います。
どこまでそのレールを敷くか。新しく子供が自ら進む上で見守ることができるか。
それが大事なのだと思います。
自由とは職業を選択することでは決してありません。
不自由だ不自由だとなげくのは仕事がないからではありません。
自由にはリスクがともないます。だから規律が必要なのです。
世の中に潜むリスク。それを受け止められるだけの体力を付けさせることが、子供に自由意志を身に着けさせる最も大切なことだと思います。

自由と規律―イギリスの学校生活 (岩波新書)
池田 潔
岩波書店
売り上げランキング: 21,080

2018年1月21日日曜日

ローカリズム

localism。子育てをする上でとても重要視しています。
画一的なものの考え方は学校で教われば良い。普遍的な意味合いのある事は社会に出れば嫌でも目の当たりにする。
私は息子のそばにいて教えられることと言えば、ローカルである事の楽しさだけなのではないかと思う時があります。
地方の独自性はその場所に住んでいなければ体感することはできません。
私の回りにいる地域の方々、仲間、その風土や特徴から沢山の事を学んで欲しいと思っています。
地元で頑張っている商業者の仲間が、私のしらないローカルを教えてくれる。可愛がってくれる環境を作る。
息子には可愛がられるスイッチを身に付けて欲しいと思っています。
教育に置いて何を重視し、尊重するのかは親が決めなければなりません。
それが息子であるひとりの人間の素地になり、親の元から巣立っていきます。

今日はすみかわスノーパークに行って遊んで来ました。
スキー場の経営陣やスタッフ、レンタルコーナーやガイドの皆さんから暖かく迎えられる事。本当にありがたいと思います。
蔵王は自分の住処であり、庭であり、仕事場であります。
この場所が好きで働いている方々に愛される人間になって欲しいと願っています。
息子はこのスキー場が大好きです。ひとしきり雪遊びをした後はキッズスペースでブロック遊びをして、その後は顔見知りのおじさん達と談笑をしながらおやつを食べる。
平日は保育園との往復ですので、いつもとは全く違った日常を楽しんでいるのです。
時折、私が仕事の話などをしているとじっとその姿を見ている時があります。遊ぶ手を止めて。
本来はOFFである時間にすっと入り込んで来る大人たちの会話。そのような混在した空間の中でローカリズムが育まれていきます。
無理に仕事のスイッチを切る必要などどこにもなく、むしろ自然と彼が我々を取り巻く環境をエンジョイできる人間に少しづつ育って欲しいと思います。

2018年1月20日土曜日

年末年始の忙しさを終え

年末年始はとにかく忙しくお客様をお迎えしました。
毎年恒例の大雪にも見舞われず、無事に乗り切ることができました。
客数が多かったので本当に準備に準備を重ねました。
チェック。ダブルチェック。そういう正確の私は気が揉めて、周囲にイライラするあまり自らがミスを犯したりケガをするタイプなのです。
しかしながら、今年は何も問題は無くお得意様と近況を話し込むほどに旅館がゆったりとした時間に包まれました。
こんな正月は初めたかも?と何かうれしくなりました。
それは何より妻の頑張りでした。
育児に追われるあまり仕事が中途半端であることにとても不安を感じていました。
どちらかを選択するのではなく、両方ともこなさなければならないのがこの商売なのです。
愛する妻であり、できの悪い部下でもあります。
私の人生において最高のキャストである妻に、感謝を。伸びしろの大きい部下に成長ある仕事を。と念じています。
峩々をもっともっと知ってほしい。旅館というものを掘り下げてほしい。そう思います。

だいたいいつも1月10日に風邪をひくのが恒例なのですが、今年は気を抜いた場所がいつもと違います。
ムチウチ症になってしまいました。
年末から疲れを感じて、接骨院に通っていました。
首が上手く動かず、バランスが悪いと自覚していた矢先です。
凍結した路面でスリップした車を救出しようと駆けつけた際に、自らが滑ってしまいました。
転ばずに坂道で軸足を踏ん張った刹那、首に電気が走りました。
「ピキッ」という鈍い音がはっきりと聞こえました。
私は歯を食いしばり作業を続行しましたが、さすがにこれは堪えました。
弟の運転で整形外科に行き、レントゲンなどを撮り、診察して頂きました。
骨などには異常はみられませんでしたが、神経がダメになっていたようです。
処方された薬を飲むと、痛みはなくなりました。
しばらくは安静に。と言われましたが、なかなかゆっくり休めないですね。
こんな時はゆっくり温泉療養といきたいところです。